伊豆多賀駅から徒歩10分!長浜海水浴場でシュノーケリング


筆者は2015年の秋は頻繁に東伊豆にシュノーケリングに行っております。熱海から伊豆急下田線に乗る機会が多く、その時に電車の車窓から発見したのが伊豆多賀駅の長浜海水浴場です。

長浜海水浴場のメリットは

・駅から1キロもないので、徒歩10分程度で海水浴場につく事。
・シャワーやトイレなどの施設が充実している。
・あまり深くもなく、気軽にシュノーケリングができる。

という点です。ただ筆者がこの場所に来たのは9月末。伊豆はアンドンクラゲのような刺すクラゲがでない事で有名なのですが、この海岸ではアンドンクラゲとカツオノエボシを見かけてしまい、タイミングが悪かったようであまり潜りませんでした。

とはいえクラゲが少ない6月7月は最高の海岸なのではないでしょうか?本日は伊豆多賀駅から徒歩10分の長浜海水浴場をご紹介いたします。

綺麗な砂浜の長浜海水浴場

夏はきっと混むのでしょうが、9月に来ると人もすくなく綺麗な海岸です。施設もすごく充実しており家族づれでくるには利便性が高い場所です。また海岸右奥の岩場を潜ってみましたが魚もたくさんみかけることができました。

IMG_5368 IMG_5418

砂浜は水が濁っている場所が多いのですが、長浜海岸は比較的水が綺麗でした。

IMG_5422

筆者は海を正面にしたときの右の方にテトラポットなどがある岩場があり、そこでシュノーケリングをすることにしました。

IMG_5373

みるからに魚がいそうなエリアです。

IMG_5386

そして砂浜にも関わらず水がすごく綺麗!

IMG_5385

 

長浜海水浴場でシュノーケリングで見れる魚

筆者は潜ったのは9月末この日、アンドンクラゲを目撃してしまいあまり長い時間もぐりませんでしたが、それでも多くの魚を目撃しまいた。

オハグロベラ

オハグロベラ

カワハギ

IMG_5381

魚の群れたち

IMG_5380

カツオノエボシ

カツオノエボシはかなり危険な生物です。見かけたら絶対に避けましょう。また海岸に打ち上げられているものも触ってはいけません。毒が強く相当な痛みがあるようです。

カツオノエボシ

そして写真に収めることはできませんでしたが、アンドンクラゲを二匹目撃しました。伊豆はクラゲがでない事で有名で現に筆者も8月中旬以降はクラゲを避けるために伊豆半島に行くくらいですから、初めて伊豆半島でアンドンクラゲを目撃しまいた。

とはいえ、東伊豆の富戸や熱海、真鶴の琴ヶ浜なので9月に潜っている筆者ですがアンドンクラゲは見たことがありませんのですごくビックリしました。とにかく言えることは伊豆多賀の長浜海岸では8月中旬以降はアンドンクラゲが発生しているという事実です。秋に潜るときは長袖のラッシュガードやウェットがいいでしょう。

伊豆多賀駅から長浜海岸までの行き方

下記が地図です。駅からたった700メートルの場所ですから迷うこともないと思います。下りの坂道が続きます。

IMG_5341

伊豆多賀駅です。

IMG_5339

長浜海水浴場までは、「桜彩る坂道コース」という名前がついていますのでこの看板に従いましょう。

IMG_5343

駅の階段を降りて右にいくとすぐにお店があります。アイスなどお菓子が売っているようです。現地の高校生がたむろしておりました。

IMG_5344

商店をすぎると下記のような曲道になります。ここでは大通りの行き方を紹介しますが、写真奥に「旅館の近道」という看板がでており、そっちからの方が海へは近くなります。しかし坂道がきついです。

IMG_5347

道なりにいくとこのような風景です。住宅街ですね。

IMG_5348

道がふたつに分かれますが、右に行きましょう。

IMG_5351

このような風景になります。

IMG_5352

長浜海水浴場が見えてきました。

IMG_5353

大きな国道があるので信号を渡っていきます。

IMG_5356

つきました長浜海水浴場です。公園になっており駐車場やトイレなど施設が充実しております。

IMG_5358

長浜海水浴場の施設

旅館

筆者が知らないだけで結構有名な場所なのかもしれません。海岸沿いに旅館はたくさんありました。

IMG_5357

トイレとシャワー、更衣室

このように施設が充実しているのでシュノーケリング施設としては申し分なしです。その他出店などもでておりました。

IMG_5359 IMG_5360

 

無料の足湯

これは嬉しい施設ですね。

IMG_5361

最後に

IMG_5416
今回のシュノーケリングも、もともとこの場所を知っていたわけではなく、電車から目撃して伊豆多賀駅で降りて長浜海岸に行ってみた感じです。残念ながら筆者が苦手なアンドンクラゲやカツオノエボシと遭遇してしまいましたが、ここは大変利便性の高いシュノーケリングポイントです。

行く時期は6月がいいのではないでしょうか?きっとまだ人も少なく水も綺麗だと思います。また家族づれなどはおすすめですよ。

このように見つけた場所で潜るのもシュノーケリングの醍醐味です。筆者もいつか春夏に再チャレンジしてみます。

 

3 件のコメント

  • おはようございます。
    毎回楽しみに観覧させてもらっています。
    クラゲ情報も助かります(o^^o)

    筆者様は
    何月までスノーケリングを
    楽しむ予定ですか??

    • 飛龍さん、いつもコメントありがとうございます!去年は11月末までシュノーケリングをしましたが、今年は12月も潜ってみようと思ってます。秋冬のシュノーケリングのコツはやはり天気がいい日を選ぶこと、そして上がったらタオルで体を温めることですね。案外海に潜っている間は大丈夫なのですが、上がった時が寒いです。それと潜る時間もすこしずつ減らしていくことですかね!でも冬は水が綺麗なんですよ~!夏にはない楽しさです

      • 御返事ありがとうございます。
        9月に横◯海岸に行った時に
        色々なさかなを見れましたので
        是非行ってみてください(o^^o)

        アンドンクラゲもいましたが(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です