千匹以上の熱帯魚と遊ぶ!伊豆田子瀬浜でシュノーケリング


東京近郊に住んでいて、一度は行ってみたいシュノーケリングポイントはやはり伊豆ですよね!筆者は三浦半島か葉山がほとんどですが、9月以降は伊豆で潜ります。本日は筆者おすすめのシュノーケリングエリア伊豆の田子瀬浜をご紹介いたします。

田子瀬浜といえば、とにかく熱帯魚!ソラスズメダイがめちゃくちゃいます!しかも餌付けがされているのか私が動くと群れでついてくるほどです。そして当然、熱帯魚以外にも豊富な魚を見る事ができます。

さらに浜の反対側の島(尊之島)まだは100メートルくらいで泳いで行くことができます。その島はもちろん無人島(小さいので大げさですが)で日本で気軽にアドベンチャー気分を味わいたい人には持って来いのスポットです。

本日は伊豆の田子瀬浜のシュノーケリングエリアとしての特徴とその周辺施設などについて記事を書きます。

田子瀬浜のポイント

田子瀬浜の特徴は3つあります。

(1)熱帯魚をはじめとした魚の豊富さ

ソラスズメダイ、オヤビッチャ、サヨリ、イカ、タコ、ハコフグ、ウツボ、ハナハゼ、アイゴ、カワハギ、ボラ、イシダイ、クロダイ、メジナ。ととにかくこれ以外にもめちゃくちゃ魚がいます!そしてその魚の群れの数も三浦半島や葉山での魚の数と段違いです。

ちなみに下記の写真はマダイの幼魚です。めちゃくちゃ好奇心が強い魚です。近くで放流されて湾にいたのだと思われます。

IMG_4472 DSCF0308 IMG_3857

そんな経験がダイビングでなく、シュノーケリングでできるのです。

(2)水の透明度が高い

田子瀬浜の水は綺麗

伊豆の海の色は綺麗な薄いグリーンです。これは豊富なプランクトンがいる証でもあり、プランクトンが多いと必然的にそれを食べる魚の数も多いということです。

また田子瀬浜が水が綺麗ということは波がすくないのも関係しています。西伊豆自体波がすくないのですが、さらに田子瀬浜が湾になっているので、すごく穏やかなエリアです。

初めてきたときは海ではなく湖かと思ったほどです。

(3)海岸反対側の無人島の尊之島まで泳いで100メートル未満!

尊之島

田子瀬浜は外洋にさらされていません。完全に湾の中にあります。だから無人島の尊之島までも簡単に泳いでいけます。泳ぐとゆっくりで5分くらいでしょうか?ただし船が行き来するポイントでもありますので左右みて船がいない事を確認して泳ぎましょう。泳いでいる途中に船がきてしまったら、一回泳ぐのを止めて、右手をあげて自分の存在をアピールしてください。

尊之島の左手の外洋側には、魚が豊富にいます。その魚の量に圧倒される事まちがいなしです。逆に右手側は11月でしたがキビナゴと思われる小魚10000匹以上に囲まれるというものすごい体験をしました。

 

田子瀬浜の行き方

電車の方

電車とバスを使う方法は現実的に無理があります(無理というわけではないのですが時間がかかり過ぎます)。あきらめて車でいきましょう。

車の方

カーナビに「田子瀬浜」とセットしてください。筆者は朝7時に東京の渋谷に友達と集合して、車で東名や新東名高速道路を使ってだいたい10時過ぎにつきます。渋滞がなく、ノンストップで行くとだいたい3時間くらいですね。

カーナビで近くまできましたら、ここを右に行きます。この建物が目印になります。

IMG_3762

道がかなり狭いです。一台しか通れないです。田子瀬浜周辺の道はものすごく狭く、一方通行ではないため、運転に自信のない方は気を付けてください。とはいえそこまで交通量は多くありません。

IMG_3769

帰りは渋滞が常です。もし午後1時に帰るような事があれば、土日だと渋滞で7時間以上かかることもあります。帰りは夜7時や8時に出ると東京までは渋滞なく3時間程度で帰れます。

駐車場

また駐車場は田子瀬浜にはあります。しかも無料です。しかし気を付ける点は夏などのシーズンは満車で駐車できなくなることです。たぶん10台くらいしか停められないと思いますので、夏はとにかく早く(朝7時にはおそくても)行かないと駐車場の確保は無理です。

IMG_3808

筆者は、10月以降にいくのでピークがずれているので10時くらいでも空いています。10月以降だとより安心です。

シュノーケリングポイント

田子瀬浜海岸付近

田子瀬浜海岸

ここは潜る前から見えるくらいの青いソラスズメダイという熱帯魚が大群でいます。その他にもソラスズメダイに混ざっていろんな魚が見えます。オヤビッチャやカワハギ、キュウセンなどその数はざっと千匹以上です。

ソラスズメダイと遊ぶ

シュノーケリング初心者も沖の方にいかず、浅い場所だけでもものすごく楽しめます。子供を連れている方は浅いエリアで楽しむようにしましょう。

尊之島周辺

尊野島までは100メートル程度泳ぐとつきます。島の右側には洞窟があり、かなりアドベンチャー気分をあじわえます。そして島の左側は外洋が近く魚もたくさんいます。

尊之島2

泳いで島を目指します。5分くらいで到着します。

IMG_3825 IMG_3832

洞窟があります。ここを潜るのはたのしいです。

尊之島

洞窟を潜るとこのように素晴らしい風景が見ることができます。

IMG_3981

洞窟を潜って、少し行くと流れはないのですが、このように深いところにたどりつきます。誰もいないエリアでシュノーケリングを楽しめます。

IMG_3994

素潜りをする深さがあり、とても楽しいです。

IMG_4020

田子瀬浜で見れる魚

たぶん筆者でもここに書ききれないくらいの種類の魚がいます。この島に行く途中でクロダイの30匹以上の群れもみましたし、1000匹以上のキビナゴと思われる魚に囲まれたこともあります。それでは魚の写真を紹介していきます。

ムレハタタテダイ

とても綺麗な群れです。私の大好きな魚です。臆病でなかなか近づくのは難しいです。12匹いました。

IMG_4454

ハリセンボン

沖縄で一度見たことがあるのですが、まさか西伊豆で目撃するとはおもいませんでした、関東のシュノーケリングでは目撃することはまれです。

DSCF0336

イシダイ

IMG_3942

ソラスズメダイ オヤビッチャ

これは島の左側で撮りました。

IMG_3962

クロモンツキ

よく見る魚です。
IMG_3943

魚の群れです。

尊之島の左側に群れが多くいます。

IMG_3998

ハコフグ

IMG_4000 IMG_4008

ハナハゼ

一瞬ですが、青い妖精のような”ハナハゼ”をみて感動もしました。ダイビングでしか見ることができない魚も一部みれたりするのがこのエリアの特徴です。

IMG_3906

トイレはありますか?

トイレはあります。駐車場と一緒に整備されています。筆者は利用してないですが、更衣室がセットになっているので便利ですね。

IMG_3789

シャワーやお店はありますか?

シャワーは田子瀬浜と隣接したところに3つも用意されており、大変便利です。

IMG_3809

お店はありません。ここにくる途中にセブンイレブンがあります。田子瀬浜近くにきてセブンイレブンを目撃したら迷わず入るようにしましょう!

下記の写真が田子瀬浜へのラストコンビニのセブンイレブンです。反対側はガソリンスタンドがありますのでそれが目印です。

IMG_3802

 

田子瀬浜以外に近くで潜れますか?

浮島海岸

車で10分程度で、浮島海岸があります。そこも名所で、別記事で紹介いたします。そちらにはお店もトイレもあり便利です。ただカーナビでセットしても出てこない時があるので”浮島”などでひっかけるとなんとか他の施設の名前で調べられます。

子供を連れて行きたい。

湾の中なので比較的安全にシュノーケリングできる場所と言えます。波も常に穏やかです。

ただしシュノーケリングは自然の中のスポーツなので絶対の安全はありえません。子供から目を離さないようにしてくだい。また漁船の往来が非常にはげしいです。子供を沖の方にはいかせない方がいいでしょう。

最後に

いかがでしたか?筆者は田子瀬浜は沖縄に匹敵するエリアだと考えます。東京から車でならなんとか日帰りが可能な範囲です。往復6時間以上ではありますがその価値はあります。

シュノーケリングを楽しんでくださいね。この記事を読んで田子瀬浜に興味を持っていただければ幸いです。

 

2 件のコメント

  • いつもこっそり?
    見ています(*^O^*)
    今戸田にいて晴天なので明日移行ヒリゾ以外のチャレンジしたいですが
    どこかお勧めありますか?

    • みんみんさん、こっそりみてくれてありがとうございます!筆者です。ヒリゾ以外だとやはり西伊豆の田子瀬浜と浮島海岸が波も少なくおすすめです。今週土曜日は晴れるようですが、台風の影響で波が高いです。しかし西伊豆方面だけなぜか波がありません。西伊豆はいかがですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です