沖縄の「かりゆしビーチ」でボートシュノーケリングしてみた

かりゆしビーチ

2022年1月1日の13時に「かりゆしビーチ」でボートシュノーケリングをしてみたので、レポ記事を書きます。

元旦に年を越すために沖縄に来たのですが、せっかく青い海が目の前にあるのだから、シュノーケリングをしてみたい!と思い、元旦でもシュノーケリングツアーがあったため参加してみました。この日はシュノーケリング道具は一切持ってきてないのですが、フルレンタルで一人4,400円でかなり安い金額でした。

「こんな安いならたいしたポイントではないのかな~」と高を括ってましたが、なんと、かりゆしビーチからボートで5分くらいのポイントの「ブセナビーチ前のポイント」に連れてってもらい、しかも、一面が珊瑚でかなり良い体験ができました。

ブセナビーチ前のシュノーケリングポイント

ボートから降りた瞬間がこんな感じです!すごい!

一面が珊瑚です。

カクレクマノミもいまいしたよ。

ボートシュノーケリングに申し込むと全てフルレンタルで貸してくれます。

ただし、ウェットスーツにベストがついているので素潜りはできません(そもそもツアーで素潜りは禁止されておりました)。

かりゆしビーチの住所は名護市

住所は下記です、恩納村の先の、喜瀬という地名になります。

沖縄県名護市喜瀬1996

かりゆしビーチから船でポイントまで移動

かりゆしビーチから船まで、人口芝生が引いてあり、砂につかずに船に移動できるのが魅力的です。1月1日ということもあり、ボートは私たちの貸し切りになりました!

ポイントの「ブセナビーチ前のポイント」に着くと、すでにシュノーケリングをしている団体がいました!

とにかく一面珊瑚!

珊瑚はすごい量です。水納島や瀬底島でもボートシュノーケリングしましたが、同じくらいの珊瑚でした。本土でもボートシュノーケリングならこんなポイントがあるんですね!

餌付けもできます

ガイドさんがエサをくれます。魚が100匹以上近づいてきます!これは面白い!

見たことのない魚もいましたよ!

沖縄の魚は一通りいますが、下記の珍し目の魚にも会えました。

ヤンセンニシキベラです

シチセンベラです

キイロアイゴです

軽石が浮いています

浮力を失った小さい軽石が、そこら中に浮いていました。下記の写真の白い点々は全て軽石です。魚が間違って食べてしまいますね。可哀そうです。

約1時間のツアーが終了

30分程度のシュノーケリングでだいぶ満喫しました!

沖縄は冬でも水温が20度以上あるようなので、ツアーのフルレンタルに申し込めば手軽にシュノーケリングができます。私が申し込んだのは下記のツアーで、当日も受け付けておりました。私は事前ではなく当日申込でしたよ。

かりゆしビーチの公式サイト




東京シュノーケリングブログ筆者とつながる!
YouTube、Twitter

東京シュノーケリングブログ筆者とSNSでつながると、海の最新情報を取得したり質問もできます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2011年よりシュノーケリングをはじめる。主に葉山、三浦半島、真鶴、伊豆でシュノーケリングを行っている。世の中にシュノーケリングを身近なアクティビティに感じてもらうためにシュノーケリングメディアとして当ブログを書き始めた。現在は夏には10万人以上が見るメディアとなる。