磯遊びで楽しむ!三浦半島の荒崎海岸でシュノーケリング


荒崎海岸は岩場が多くそして浅いエリアが多いため子供を連れても安心していける磯遊び場です。筆者はここで三回シュノーケルを楽しみました。荒崎海岸の特徴は下記のポイントです。

①初級者向け(海が浅いので子供でも安心のエリアです)
②岩場が多く、生物が多い(磯遊びに最高の場所)
③数千匹のイワシの群れに会える!

シュノーケリング上級者には海が浅くて潜れるエリアは少ないので物足りない場所ですが、このエリアに6月の行ったときに「数千匹のイワシの群れ」(イワシの群れの写真も紹介します!)にはとても感動しました。

イワシの群れ自体は森戸でシュノーケリングをしていると珍しい魚ではなく、300匹程度の群れにはすぐに出会えますが、1000匹以上の群れを関東近郊のポイントではなかなかシュノーケリングでは見ることはできません。

それでは、荒崎海岸のアクセス方法からシュノーケリングで見れる魚までご紹介していきます。

1)京急三崎口駅から荒崎海岸までの行き方

京急三崎口駅が最寄り駅です。品川から特急で1時間20分程度です。下記地図をみてください。三崎口からはバスでいきます。駅からはだいたい3キロ程度です。

三崎口から荒崎海岸までの地図

■バスで行かれる方へ

三崎口のバス停は3番線の荒崎行きに乗ってください。荒崎行きは本数が少なく1時間い1~2本くらいしかないので、あらかじめ時刻表はチェックしていきましょう。

三崎口バス停3番時刻表

■タクシーで行かれる方へ

バスでだいたい20分程度で着きますが、土日は道が混んでいるときもありますので、そんな時はタクシーで行くといいでしょう。バスとは違う裏道を使ったルートで行ってくれますので、混雑を避けることができます。1700円程度です。

■車で行かれる方へ

有料駐車場が荒崎海岸にはたくさんありますが、シーズンは混んでおり遠い駐車場しか空いていない時があります。どこも1000円です。

 

2)バス停「荒崎」から荒崎海岸まで

バス停からは300メートルくらいです。荒崎海岸を目指すと右手に漁港、左手に公園と行った感じです。いかにも漁港といった雰囲気の場所です。

荒崎海岸のバス停から

やがて車止めの先に公園が見えてきます。公園を入ると右手に荒崎海岸への入口がみえてきます。

 

3)荒崎海岸のシュノーケリングポイント

荒崎海岸シュノーケリングポイントは下記のAポイントとBポイントがあります。

荒崎海岸シュノーケリングポイント

 Aポイントは浅い岩場

Aポイントは浅いエリアで、岩場に囲まれているため、波の影響も少なく磯遊びや子供シュノーケリングに向いているエリアです。クサフグやオヤビッチャなどの小魚がいます。

シュノーケリング初心者には安心のポイントです。

荒崎海岸Aポイント

 Bポイントには深い場所も

Bポイントの奥のほうだけは荒崎海岸の中で数少ない中級者以上が満足できるエリアかもしれません。最初はAポイント同様に浅いのですが、徐々に深くなり、沖の近くは2メートル以上あります。波も少し強くなるので注意が必要です。

荒崎海岸Bポイント

このエリアの魅力はBポイントの奥にいる数千匹のイワシの群れです。イワシの群れ自体は葉山でもどこでも見られる魚ですが、私が驚いたのはそのイワシの数です。下記の写真は私がみた一部に過ぎません。

■イワシの群れの写真

イワシの群れ

■荒崎海岸でイワシの群れの動画
※動画開始10秒くらいからイワシが出てきます。

関東近郊のシュノーケリングエリアで、これだけのイワシの数は私も見たことがありません。イワシの群れはキラキラしていて、群れで動くのでまるで一つの動物のようです。そういった醍醐味はダイビングでなくとも手軽にシュノーケリングで味わう事ができるんです。下記のポイントがイワシエリアです。

荒崎海岸のイワシの群れのポイント

※Bポイントは沖に近くなりますし釣り人も多いエリアなので気を付けてください。波の影響も大きいポイントです。深さもあります。自信のない方は避けておきましょう。

荒崎海岸のシュノーケリングで見れる魚は?

荒崎海岸ではあまり多くの魚は見ることができませんし大きな魚もいません。下記の写真はクサフグです。このエリアはとにかくクサフグが多いです。

クサフグ

荒崎海岸のクサフグ

※2015年8月に撮影された写真をブログ読者いただいたので、以下の写真を更新しました。魚の種類が少ないシュノーケリングポイントと思いこんでいましたが、8月になるとイシダイや熱帯魚などもでるようですね!

イシダイ

イシダイ

クロモンツキ

無題

オハグロベラ

無題2

クサフグ、キュウセン、オヤビッチャ、カゴカキダイ、イワシなど名前のわかる魚としてはこの程度です。繰り返しになりますが、荒崎海岸ではイワシの群れが一番面白いです。またエビやシラス?と思われるものいたのがほかのエリアにはない面白さです。

私が行ったのが6月でクラゲは見ませんでしたが、アカクラゲの死骸は目撃しましたので注意が必要になります。

荒崎海岸にトイレはありますか?

海岸に入る入口にトイレが男女別々にあります。

 

帰りは露天風呂がおすすめ!絶景のソレイユの丘

荒崎行のバスの途中でソレイユの丘というところがあります。荒崎海岸から歩いて15分くらいの場所ですが、ここには温泉設備があり、なんと三浦半島を見ながら絶景をたのしめる露天風呂があります。シュノーケリングでべたべたした体を綺麗にし、風呂上がりに一杯も気持ちいいですよ!

 

最後に

このエリアは東京の品川からは電車とバスで1時間45分くらいかかるエリアで、逗子・葉山エリアに比べて少し遠いですが、葉山にはない、漁港ののんびりした雰囲気と公園や露天風呂があり、家族で行くのにおすすめです。

シュノーケリングするにはエリアがせまく退屈に感じるかもしれませんが、ゆっくり磯遊びするには最高のポイントですよ!

伊豆や館山のシュノーケリングは泊りでいくなら「じゃらん」で宿を探そう!
筆者はたまに泊りで、シュノーケリングに行きます。伊豆や館山は東京から遠いですからね。 宿を拠点にして、いろいろシュノーケリングスポットをまわってみてはいかがですか? ↓↓↓宿の予約はこちらから↓↓↓ じゃらんnet

3 件のコメント

  • 私も昨日荒崎海岸Bポイントエリアで、イワシの群れを見ることができました。
    一瞬でしたがすごく感動しました。
    東京でシュノーケルするサラリーマンさんのページも、楽しく拝見させていただいております。
    いろいろ参考になりますし、素晴らしいページだと思います。
    ちなみに、イワシの群れのよく見れる時間帯とか、条件とかあるんでしょうかね?
    私が観たのは昼過ぎの時間帯で、快晴で、ほぼ干潮時でしたが・・・
    また見てみたいと思っています。

    • よたろうさん、私のブログを読んでしかもBポイントを試していただき嬉しいです!イワシの群れみれたんですね!私がみたのは去年の6月だったのですが、すごい数でしたよ。さてご質問の件ですが正直イワシがよく見れるタイミングなどは熟知していないです。(すいません)ただシュノーケリングを楽しむ上では、ある程度深さがないと面白くないので、潮が高い時期や時間がいいと思います。またBポイントは釣りの方とかぶるのでタイミングよくないと試せない場所でもあります!

  • 55年前は透明度が素晴らしく、初夏にはクサフグ、キヌバリ、チャガラ、アミメハギ、タカノハダイ、本格的な夏になると、メジナ、カゴカキダイ、オヤピッチャ、シマスズメダイ、キタマクラ、キュウセン、ナベカ、ニジギンポ、ギンユゴイ盛夏にはチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、サザナミヤッコ、コバルトスズメ、キンランスズメ、ニシキベラ、ムラサメモンガラ、ニザダイ、ハコフグ、ハオコゼ、イシダイの子、ネンブツダイ、ヨウジウオ、カサゴ、マツダイなどが何100匹と泳いでいました。魚以外にも、青、白、オレンジ色、黒の可愛いウミウシ、コウイカ、各種のエビ、カニ、宝貝、イソバナ、更にはテヅルモヅルまで。珊瑚礁の海にも引けを取らない美しさでした。数年前訪れた時は、海は汚染され、全ての生物の種類も数も1/100になっていました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です