三戸浜でのんびりと真夏のシュノーケリング-三浦半島


三浦半島の三戸浜は聞いたことがあるでしょうか?正直、シュノーケリングエリアとしては有名ではありませんね。でもシュノーケリングができないわけではありません。

筆者も何度もこのエリアに来ていますが、実はシュノーケリングをやった経験がありませんでしが、2016年7月30日の真夏にシュノーケリングを三戸浜で行いました。特徴は以下のとおりです。

①意外に魚が多かった!
②遠浅で安心の初心者向き(深くない)

という印象でした。ですから夏のお盆前までは(お盆過ぎるとアンドンクラゲがわんさか出ます)初めてシュノーケリングを関東でやる方にちょうど良い場所ではないかと思いました。それでは三浦半島の三戸浜のシュノーケリングの様子を紹介いたします。

三戸浜はどこにあるのですか?

三戸浜は三戸浜海水浴場とも呼ばれます。(この記事では三戸浜と呼びます)京急線の三崎口の駅からは1キロ程度の距離で、駅から近場です。

下記の青い四角が三崎口駅です。
赤いポイントが三戸浜です。

三戸浜地図

三戸浜までの行き方

車の方

駐車場がありますので、カーナビの案内で行けます。駐車場はいくつかあり、私が撮影した場所は料金が1200円でした。

2016-05-29 13.17.15 2016-05-29 13.20.29

電車の方

京急の三崎口駅から、歩いていけますが、皆さまはタクシーでいくのがスムーズだと思います。私は利用したことがないですが1,000円程度ではないでしょうか?下記の写真は、京急の三崎口駅前のタクシー乗り場です。改札を出たら、すぐ左手にあります。

2016-07-30 15.38.12

ひょっとしたら、バスでもいけるかもしれませんが、筆者はその方法を知りません。

では、筆者は三崎口駅から歩いて、三戸浜まで行ったので、これから時系列で、この日の出来事を紹介してきます。

◆駅から歩く方

私は一人で行くときは20分程度なら駅から歩いてしまいます。片道20分程度です。

①改札口を出て、タクシー乗り場を超えて、信号をわたります。

2016-07-30 15.37.59

②信号を渡って、駅を背中にして右方面に少し歩きます。

2016-07-30 15.36.54

 

③下記の風景がみえますので、自転車駐輪所の中をつっきる感じです。目印は下記の写真の奥の方の、トラックと自転車置き場の間の細い道を、まっすぐいき、しばらく道なりです。道は大きく右へまがります。

2016-07-30 15.36.16 2016-07-30 15.35.31 2016-07-30 15.34.52 2016-07-30 15.33.40

途中は神奈川県とは思えないような、のんびりとした畑の中の道をひたすら歩きます。三浦半島にはこのような風景は多いです。

2016-07-30 10.21.27

④突き当りのT字路になりますので、そこを左に行って、道なりに行けば海が見えてきます。なんとなく海の方向を目指せば三戸浜海岸につきます。

2016-07-30 10.33.36 2016-07-30 10.33.38 2016-07-30 10.35.03 2016-07-30 10.35.35

⑤海だ!!!この写真の感じがたまりませんよね!

2016-07-30 10.36.29

三戸浜海岸の雰囲気

なんとも、のんびりした海岸です。7月の土曜日だというのに、ガラガラです。葉山や逗子がこの時期大変混むので、穴場ともいえると思います。

2016-07-30 10.38.17 2016-07-30 10.38.23 2016-07-30 10.40.11

それなりに海水浴客も遊んでいます。子供たちがうれしそうです。ここなら遠浅ですから比較的安心です。

2016-07-30 12.49.12

 

私も、荷物おいてシュノーケリングをしてみます。

IMG_1235

三戸浜でシュノーケリングをしてみた。

2016-07-30 10.38.23

まずはキューセンが出迎えてくれました。やはりこの辺では一番みる魚ですね。

IMG_0997

少し先に岩場があります。海岸から30メートルくらいでしょうか。魚があまりいないので、岩場を目指します。

IMG_1001

この日は、透明度がわりとよくシュノーケリングには最適なコンディションでした。また7月末で水温はぬるく感じるくらいです。

岩場に到着するとキヌバリを目撃しました。浅瀬でよくみる魚です。

IMG_1016

他にもウミタナゴなどみましたが、珍しい魚もいないため引き返しました。いったん休憩です。

IMG_1018

この後、潮が高くなってきて、数時間後に潜りましたら、魚種が格段に増えてました。やはり潮が高くなると見れる魚種も増えてきます。また岩場付近に行ってみました。

二回目は、真夏ということもあり、ラッシュガードを脱いでしまいました。※皆さまはできるだけ、ラッシュガードを着てシュノーケリングしてくださいね!シュノーケリングは岩なんかでカンタンにケガしますから。

IMG_1092

「おおお!ハギだ!たまに三浦半島でみるヤツ!」

IMG_1040

「タカノハダイだ!」

IMG_1065

「メバルだ!」(写真がピンボケですいません)

IMG_1075

ウミタナゴ(真ん中です)

IMG_1081

ヤドカリ!でかい!男性のコブシより大きいかも!

IMG_1088

よくわかならい!ベラ??かな!キレイな魚です。

IMG_1094

カワハギです。小さいけどかわいい。(中央の黒い三角形がカワハギです)

IMG_1098

釣り人から嫌われている、キタマクラ(中央にいます。見えにくい方はクリックして拡大してください)

IMG_1108

海の風景です。

IMG_1111

さて、魚もだいぶ見ました。「意外と魚いたな~」というのが印象でした。戻ろうとした矢先です。かわいい三匹の群れに遭遇しました。

「おお、カゴカキダイとイシダイの幼魚だ!しかしなんともかわいい群れだな~」

IMG_1171 IMG_1131 IMG_1145 IMG_1153

カゴカキダイとイシダイの幼魚の動画

トイレはありますか?シャワーは?

駐車場の近くにトイレはあります。この日トイレの写真を取り忘れました。シャワーがあるのかどうかはわかりません。確認できませんでしたが、ほかのホームページを見ると、夏のみシャワー施設があるようです。

三戸浜でのシュノーケリングについてまとめ

2016-07-30 10.40.25

本格的なシュノーケリングをする場所ではありません。遠浅ですから、波がなければ比較的安全に潜れます。またこういった海岸は魚がいないのですが、潮が高くなるとともに、魚種が増えてきました。写真に収めることはできませんでしたが、クロダイやイワシの群れなども目撃しました。

ですから、初めて関東の近場でシュノーケリングをやりたい人にはおススメです。魚もよーく見るとそれなりに遭遇することができますよ。

※浅瀬とはいえ、波には気を付けてシュノーケリングを行ってくださいね。海に絶対安全はありません。

伊豆や館山のシュノーケリングは泊りでいくなら「じゃらん」で宿を探そう!
筆者はたまに泊りで、シュノーケリングに行きます。伊豆や館山は東京から遠いですからね。 宿を拠点にして、いろいろシュノーケリングスポットをまわってみてはいかがですか? ↓↓↓宿の予約はこちらから↓↓↓ じゃらんnet

1 個のコメント

  • はじめまして。 いつも、楽しく拝見させて頂いてます。
    今年から、シュノーケルリングを初めたのですが、ハマってしまい、このブログを参考して、初島、ヒリゾ浜(三度)、御浜、九十浜、大瀬崎と行って来ました。
    来年は、5月から、行きたいと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です