シュノーケリングを満喫!トガイ浜は中木から歩いて5分


トガイ浜をご存じでしょうか?トガイ浜はあの有名なヒリゾ浜の船着き場の中木から5分で歩いていけるシュノーケリングスポットです。ヒリゾ浜行きの船が、波が高く出航できない日に利用される事が多いシュノーケリングスポットですがトガイ浜はなかなかのシュノーケリングスポットであり、決してヒリゾ浜のおまけ的場所ではありません。

筆者は一度もぐりましたが、大量のスズメダイの群れとイシダイの群れが出迎えてくれ、また多くの魚を見ることができました。ヒリゾ浜目当ての人も帰りにトガイ浜によってシュノーケリングをしてみてください。

本日は普段はヒリゾ浜に隠れている、南伊豆の有数のシュノーケリングポイントのトガイ浜にスポットをあててご紹介いたします。

トガイ浜の魅力は?

まだ一度しか行っていないですが、他のシュノーケリングポイントと比べるとトガイ浜の魅力は

①多くの種類の魚、群れに会える
②波が比較的少ないポイント。潜れる日が多い。
③中木が近いため、トイレ、シャワー、コインロッカーが全てがそろっている。

中木があるから、シュノーケリングポイントとしては珍しく施設が揃ってますし、魚の種類もここは南伊豆ということもあり、多くの魚を群れでみることができます。そしてトガイ浜自体が湾になっていますので、波が非常に少ないというのも大きな魅力です。だからヒリゾ浜行の船が出港停止になったとしても、ご安心をトガイ浜があります。

IMG_2637 IMG_2671

※とはいっても波が強い日はあります。波が強い日はシュノーケリングはやめましょう。2015年多くの人がシュノーケリングで亡くなりました。その原因の多くは波が強い日に潜っていることです。シュノーケリングの基本は海がフラットな状態の時に潜るものです。波をみてシュノーケリングをしないという決断が大切です。

トガイ浜へのアクセス(行き方)

電車やバスでの中木までの行き方はヒリゾ浜と同じ行き方で行けますので、詳しい行き方は過去記事のヒリゾ浜の紹介をご覧ください。

下記地図の赤い四角の枠がトガイ浜。ヒリゾは船でなければけませんが、ご覧のとおりトガイ浜は歩いて近いのです。
※小さいので見にくいですが、上の赤い背景の白字が中木、下の赤い背景の白字がヒリゾ浜と書いてあります。

togaihama

中木からは、下記の写真のように中木船着き場の手前に下記のような小さい橋がありますので、渡ってください。

IMG_2614

あとはこの橋を道なりに200メートル程度行きますと、トガイ浜に着きます。


IMG_2615

IMG_2616 IMG_2621

この辺から海をみれば、魚がみえます。

IMG_2619

海の奥のほうにはヒリゾ浜へ行く船がみえます。

IMG_2622

伊豆特有の大きい丸い石は歩きにくく、テントが張りずらいです。ただ帰りは砂ではないので着替えやすいメリットも。奥の方が砂地でした。

IMG_2626

トガイ浜で見れる魚は?

筆者は2015年8月9日に潜りました。潜っていきなりスズメダイの群れに遭遇しました。そしてイシダイも群れでいます。とにかく魚の群れがすごいです。またブログ読者の情報によると秋のトガイ浜は秋はムレハタタテダイの群れがすごいらしいですよ!

Twitterフォロアーからいただいたムレハタタテダイの群れの写真

IMG_20150923_012922

以下写真を紹介していきますね。

スズメダイ

IMG_2634 IMG_2722

ミヤコキセンスズメダイ

ブログ読者からの寄稿写真

20150824&25_TOGAI-HAMA - 66

カワハギ

見にくいですが。真ん中の出かいやつです。

IMG_2670

ニザダイ

初めてみました。デカいですね。30センチ?あったかな?水中では大きく感じました。

IMG_2705

 

ソラスズメダイ

IMG_2744

ハコフグ

赤いハコフグはブログ読者からの寄稿写真。青は私が撮りました。

20150824&25_TOGAI-HAMA - 38 IMG_2746

イシダイ

群れでたくさんいました。

IMG_2770

イシガキダイ

東京シュノーケリングブログのTwitterフォロアーからいただいた写真です。

IMG_20150923_011920
IMG_20150923_011915

カンパチ

こちらもTwitterフォロアーからの写真です。こちらを威嚇している様子がわかります。

IMG_20150923_011925 IMG_20150923_011922

ツノダシ

ブログ読者からの寄稿写真です。

20150824&25_TOGAI-HAMA - 16

ウツボ

ブログ読者からの寄稿写真

20150824&25_TOGAI-HAMA - 18

カゴカキダイ

ブログ読者からの寄稿写真

20150824&25_TOGAI-HAMA - 19

オキサヨリ

ブログ読者からの寄稿写真

20150824&25_TOGAI-HAMA - 27

ボラ

ブログ読者からの寄稿写真

20150824&25_TOGAI-HAMA - 51

 

オハグロベラ

赤い魚がオハグロベラ。ベラとキスしているみたいな写真になりましたが餌の取り合いでしょう。

IMG_2716

海の生物や海藻

下記はすべてブログ読者からの寄稿写真!とても綺麗な写真です。

20150824&25_TOGAI-HAMA - 62 20150824&25_TOGAI-HAMA - 68 20150824&25_TOGAI-HAMA - 43 20150824&25_TOGAI-HAMA - 53 20150824&25_TOGAI-HAMA - 56

 

トガイ浜にトイレやシャワーはありますか?

中木にすべてそろっています。ご飯を食べたり、シュノーケリングに必要なものをレンタルで借りることもできますから、手ぶらで来ることが可能です。荷物もコインロッカーが中木にありますから、そちらを利用しましょう。

トガイ浜は混みますか?

普段は空いてますが、ヒリゾ浜の船が出港停止になった時人が押し寄せ激混みになります。ベストはヒリゾ浜への船が出ているときに、ヒリゾ浜の前に行くといいでしょう!

ただ、激混みな場合でも午後からは人も少なくなってきます。

磯遊びはできますか?

はい、もちろん出来ます。潜らなくても子供が喜ぶ場所であることは間違いありません。トガイ浜に行くまでの道のりには、橋の上から海を覗くと潜らなくても魚を確認することができます。ダツやクサフグを陸から確認することができました。

ヒリゾ浜は9月末までですが、トガイ浜はいつまで潜れるのですか?

トガイ浜は特にそういう制限はありません。いつでも潜る事ができます。ただし監視員などはいませんので、何かあっても完全に自己責任です。トガイ浜に限ったことではありませんがシュノーケリングとはそういうスポーツです。だから波の高い日などはシュノーケリングを控えましょう。

トガイ浜はヒリゾ浜と一緒に楽しむべき

ほとんど人がヒリゾ浜目当てで、中木にきますので、どうせだったら両方とも楽しむのがいいと思います。ちなみに筆者は朝6時に到着し、ヒリゾ浜行の船は8時30分からです。(中木は夏は激混みで早く行かないと駐車場が確保できません)それまで並んで待つのも退屈です。先にトガイ浜に潜るのがおすすめです。

そうすると「それだとヒリゾ浜で荷物の置き場所が他の人に先にとられてしまうのでは?」と思いますが、私のお勧めは中木のコインロッカーに貴重品をすべて預けて、海に潜れるカッコでヒリゾの船に乗ることです。そうすれば早くヒリゾにいくメリットは場所とりですが、そもそも場所をとる必要がなくなるのです。

だから最初にトガイ浜で泳いで、その次に貴重品などすべて預けて船に乗るのがスムーズです。

隠れた浜、トウナイ浜

実はトガイ浜の隣にはトウナイ浜というのがあるそうです。そこは遊泳禁止になっているので残念ですが行くのはやめましょう。崖から上っていく方法もあるようですが、行くこと自体地元の方に迷惑がかかると思います。

最後に

IMG_2852

トガイ浜は、本当にすばらしいシュノーケリングスポットです。ヒリゾ浜は9月末で行けなくなりますが、トガイ浜は10月も潜れます。筆者の体験から秋はシュノーケリングのピークです。9月で終わりにしてしまうのはもったいないです。10月もまだ水温はそこまで高くありません。海の水温は二か月遅れと言われているくらいです。

そして南伊豆は「刺すクラゲ」が海流の関係で出ないと言われております。

トガイ浜はヒリゾのおまけじゃない!と筆者は思っております!

伊豆や館山のシュノーケリングは泊りでいくなら「じゃらん」で宿を探そう!
筆者はたまに泊りで、シュノーケリングに行きます。伊豆や館山は東京から遠いですからね。 宿を拠点にして、いろいろシュノーケリングスポットをまわってみてはいかがですか? ↓↓↓宿の予約はこちらから↓↓↓ じゃらんnet

2 件のコメント

  • いつも拝見しております。
    東京住みですが、琴ガ浜や南伊豆で5月から潜ってます!
    お見掛けしたら声かけますね~

    • 高杉様!やっぱシュノーケリングは春と秋だと思うんですよ~!人も少ないですしね!ぜひ声かけてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です